プロテインと筋肉

プロテインと筋肉について。プロテインをのむひとのもくてきはなんでしょうか。あるひとはきんいくをつけたい、たいじゅうをふやしたい、ただのえいようほじょもくてき、だいえっとしたい、などそのねらいはさまざまでしょう。そのなかでもなぜプロテインは筋肉をつけるのにこうかてきといわれているのでしょうか。プロテインときんいくのかんけいについてしょうかいしたいとおもいます。

プロテインはたんぱく質

プロテインとはそもそもなになのかごぞんじでしょうか。よくちまたであいつプロテインやってるはなんていっているひとはかんちがいもはなただしいです。あなたはじょせいもでるがやせるためにプロテインをのんでいるのをしっているのですか?あなたはプロテインをふとるためにのんでいるひとがいるのをしっているのですか?プロテインをなにかすてろいどかなにかとかんちがいしているひとはしょうじきはずかしいのでやめておきましょう。

筋肉のもとがたんぱく質

プロテインとはたんぱくしつをぱうだーじょうにしただけのさぷりめんとです。だからこれをのんだだけできんいくがつくなんてことはありません。ではなんでプロテインばかりのんでいるぼでぃびるだーのひとたちはきんいくりゅうりゅうになっているのかといますと、それはじゅうぶんいきんにくを損傷させたあとにプロテインをのんでいるからです。わたしたちはきんとれしたあとに筋肉がそんしょうし、たんぱくしつをもとに筋肉をつくるようにできています。そう、きんにくがたんぱくしつをきんにくにかえるじゅんびがととのってはじめてプロテインはきんにくにかわるのです。のんだだけできんにくなんてつきはしません。